F-Files No.011
図解 陰陽師


著者:高平鳴海
本体1,300円(税別) B6判 224ページ
ISBN978-4-7753-0581-2 2007年10月25日


★天を占い、鬼を祓う
陰陽師はゲームや小説の登場人物としてすっかり定着し、今や和製魔術師の代表格として語られています。しかし、実際の陰陽師とはどのようなものだったのでしょうか?
本書では、彼らの行使した陰陽術の基本的な概念と、実際の彼らの役割や、行った儀式、社会的地位などを解説します。陰陽師の基礎知識と意外な側面ににさらに詳しくなれる一冊です!

《目次》
■第1章 陰陽道とは

No.001 陰陽五行説
No.002 陽気と陰気
No.003 太陽と太陰
No.004 五行説の世界観と相互関係
No.005 五方と五時
No.006 五行相生相克説
No.007 十干十二支
No.008 穢れの概念
No.009 道教の方術の影響
No.010 陰陽寮の設立
No.011 陰陽寮の公的業務
No.012 陰陽寮の組織
No.013 官人陰陽師
No.014 暦博士
No.015 陰陽師の日常
No.016 法師陰陽師
No.017 隠れ陰陽師
No.018 声聞師
No.019 呪禁道
No.020 宿曜道
No.021 宿曜師
No.022 『占事略決』
No.023 『??内伝金烏玉兎集』
No.024 陰陽道の典籍
No.025 陰陽道導入前の日本
No.026 平安期の陰陽寮の変化
No.027 源平争乱期の陰陽師
No.028 武家社会の中での陰陽師
No.029 室町期の隆盛
No.030 秀吉の陰陽師狩り
No.031 近世の陰陽師
No.032 土御門家の陰陽師支配
No.033 陰陽寮の廃止
コラム 陰陽師の待遇/「はるあきら」の話

■第2章 陰陽術のすべて

No.034 陰陽師の服装
No.035 陰陽師の装備
No.036 式占
No.037 陰陽師の覆推
No.038 物忌と方違
No.039 方角の禁忌
No.040 方違の呪文
No.041 禁忌と暦
No.042 衰日
No.043 吉日
No.044 陰陽道の神々
No.045 陰陽道と荼吉尼
No.046 形代
No.047 霊符の製法
No.048 ドーマンとセーマン
No.049 護身剣と将軍剣
No.050 散供
No.051 反閇
No.052 屋敷内での災厄防止
No.053 病気治療の陰陽術
No.054 五龍祭と雷公祭
No.055 四角四堺祭
No.056 七瀬祓
No.057 泰山府君祭
No.058 天文密奏
No.059 星の呪術
No.060 式神使役
No.061 十二神将
No.062 さまざまな式神
No.063 現代まで伝わる陰陽儀式
No.064 季節ごとの行事と陰陽道
No.065 庚申信仰
No.066 牛頭天王と祇園祭
コラム 現代に伝わる陰陽道「いざなぎ流」

■第3章 陰陽道紳士録

No.067 安倍晴明
No.068 安倍家の系譜
No.069 晴明桔梗印はソロモン王の力?
No.070 安部「清」明の伝記
No.071 晴明vs.道満の対決
No.072 『??内伝金烏玉兎集』と伯道上人
No.073 『蘆屋道満大内鑑』
No.074 晴明の母の謎
No.075 蘆屋道満
No.076 賀茂忠行
No.077 賀茂保憲
No.078 賀茂光栄
No.079 安倍吉平
No.080 安倍泰親
No.081 賀茂在継
No.082 賀茂道世
No.083 吉備真備
No.084 役小角
No.085 惟宗文高
No.086 惟宗是邦
No.087 中原恒盛
No.088 滋岳川人
No.089 弓削是雄
No.090 浄蔵
No.091 良源
No.092 智徳法師
No.093 播磨国の陰陽師
コラム 鬼の概念/物忌に無頓着な人

■第4章 呪詛と怪異

No.094 呪詛・怪異とは
No.095 呪詛と暗闘
No.096 呪詛の対象
No.097 呪詛玉
No.098 呪詛返し
No.099 動物による怪異
No.100 自然現象としての怪異
No.101 超常現象としての怪異


ファンタジー
F-Files 図解シリーズ
ミリタリー
スポーツ
趣味・実用・子育て
読み物・絵本・歴史
コンピュータ解説書
アニメ・ゲーム
TRPG(Role&Roll)
その他

[新紀元社サイト掲載の全書籍一覧]
twitter
「新紀元社」ツイッター
「Role&Roll編集部」ツイッター
「かつくら」ツイッター
お問合せ 新紀元社
読者サポート support@shinkigensha.co.jp
(C)1999-2014 SHINKIGENSHA Co Ltd